所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



リサ・ラーソンのクリスマス

Category : イベント情報  Keyword : リサ・ラーソン 2018年12月01日

fashion pressさんで見つけた記事です。

リサ・ラーソンの限定ショップ – クリスマス限定アイテムやヴィンテージ品も

「リサ・ラーソンのクリスマス」は、スウェーデンの陶芸家リサ・ラーソンの期間限定ショップ。お馴染みの“しましま猫”のマイキーや、はりねずみをモチーフにしたアイテムをはじめ、クリスマス限定デザインのグッズを販売予定。リサ・ラーソンの独特の丸みのフォルムで象られた動物たちの陶器には、貴重なヴィンテージ品もラインナップする。約1000点を取り揃える予定なので、ファンの人は是非会場に足を運んでみて。

「リサ・ラーソンのクリスマス」
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
会期:2018年12月12日(水)~12月25日(火)
時間:10:00~20:00 ※12月16日(日)は19:30、12月21日(金)、22日(土)、23日(日)は20:30/最終日は17:00閉場
入場料:無料


スポンサーリンク




Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録

クリエイターズマーケットの缶バッチ企画

Category : ニュース 2018年10月28日

名古屋クリエイターズマーケットの缶バッチ企画に参加しています。
10位以内に入ると公式の缶バッジになるそうですので、よければ各SNSの投票ページに「いいね」をお願いいたします。

投票ページ:Twitter | Instagram | Facebook

他の作家さんも力作揃いですので、ぜひご覧になってください。


「リンネル 2018年 12月号」は、ムーミングッズ5点セットが付録

Category : ニュース  Keyword : ムーミン 2018年10月26日

「リンネル 2018年 12月号」は、ムーミンとマーブルシュッドによるポーチ3点、シール、付せんの5点セットが付録です。

リンネル 2018年 12月号

12月号の付録はムーミンとマーブルシュッドによるポーチ3点、シール、付せんのスペシャル5点セット!
植物とムーミンのキャラクターを組み合わせた秋らしく鮮やかな柄は、リンネルだけのオリジナル。
貴重なアイテムを手に入れるチャンスです!

5点の内容は

1 フラットポーチ サイズ(約):タテ19.5×ヨコ27.5cm
2 ミニポーチ サイズ(約):タテ9.5×ヨコ13.5cm、
3 ミニポーチ サイズ(約):タテ8.5×ヨコ12.5cm
4 ぷっくりシール
5 付せん

だそうですよ。

10月20日発売ですので、気になる方はお早めに。

「クックパッド プラス 2018年11月号」は、ムーミン トレー&コースターが付録

Category : ニュース  Keyword : ムーミン 2018年10月25日

「cookpad plus(クックパッド プラス)2018年11月号」は、ムーミン メラミントレー&コースター『秋の豪華5点セット』が付録です。

cookpad plus(クックパッド プラス)2018年11月号

「cookpad plus」は、クックパッドの人気レシピの紹介はもちろん、料理のみならず、
ライフスタイル情報を発信し、日常に素敵さをプラスします。

5点の内容は

大トレー1点: H20×W26cm
小トレー2点: H10×W13cm
コースター2点: 直径9cm

だそうです。

赤いトレー、ええ感じですね。

このcookpad plusという雑誌、私は知らなかったのですが、10月に創刊されたようです。
創刊号ではリサ・ラーソンの付録がついていたようで(cookpad plus(クックパッド プラス)創刊号 2018年10月号)、今後にも期待が持てます。

21_21 DESIGN SIGHTで、深澤直人ディレクションの民藝展

Category : イベント情報  Keyword : 深澤直人 2018年10月25日

21_21 DESIGN SIGHTで、民藝がテーマの展覧会が開催されます。

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

会期:2018年11月2日(金)- 2019年2月24日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
時間:10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日(12月25日は開館)、年末年始(12月26日 – 1月3日)
入館料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料

日本民藝館館長を務める深澤直人さんがディレクションするということですが、民藝館とはまた違う、デザイン美術館ならではの展示が期待できそうです。