所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



ミナペルホネン 旅のかけら

Category : 読む北欧  Keyword : ミナ・ペルホネン 2014年12月10日

10年以上前に買ったものなので、表紙が少し汚れてます。
おそらく、ミナペルホネンの皆川明さんが初めて出した書籍ではないでしょうか(ちがったらごめんなさい)。

皆川明さんのことを初めて知ったのがどういうきっかけだったか、今となっては忘れてしまいましたが、いわゆる「ファッションデザイナー」という感じではない佇まいに、このひと只者ではないな、と思ったのは憶えています。

ものを作る工程が10あるとしたら、普通のデザイナーが2とか3から始めるところを、0から10まで全部携わってる人、という感じ。
その分、オリジナリティが高く、値段も高い(笑)
ミナの製品はレディスが多いので、服は持っていないのですが、著作やグッズ類はちょくちょく買っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著作には、アイデアノートのようなものが掲載されていて、面白いです。
頭のなかを覗き見ているような気持ちになります。

スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スウェーデンがモデルの蚤の市「Loppis Ueda」

沖縄の陶器が多く集まる、オキナワン・マーケット

日本最大級の北欧イベント、今年も10月31日より開催

安くて良質、アクタスのサイドテーブル