所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



ミナ・ペルホネンの「プリント」

Category : 読む北欧  Keyword : ミナ・ペルホネン 2015年04月17日

織り」「刺繍」に続いて、最後は「プリント」です。

あらためて見ると、ミナの「絵」って、魅力的ですよね。
決してうまい絵ではないのですが、独特のバランスがあって、そのまま額装して飾りたくなります。

RIMG0673

RIMG0674

コザルはたまにイラストレーターの仕事もやっているのですが、ミナの絵の良さには、ちょっと嫉妬してしまいます。
俺もこんな絵、描きたいなあ。
そしたらもっと売れっ子になって金持ちになって女にモテて・・・。
邪念が多いよ俺。

スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

アラビア、ロスマリンのデミタスカップ&ソーサー

25歳で死んだ天才画家、オーブリー・ビアズリー展

tabroomさんで、ミナ ペルホネン展覧会 in 長崎 の写真が見られます

マリメッコの映画「ファブリックの女王」が500円、展覧会の入場券も半額に