所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



brutus最新号は「骨董」「日用品」特集

Category : ニュース 2015年04月25日

brutusの5/1号の特集は「尊敬できる骨董品」です。

民芸や骨董のお店がいくつも紹介されています。
僕の住んでいる京都のお店もいくつか出ていました。
行ったことない店、結構あるなあ・・・。

その中で、なるほど、と思う記述がありました。
骨董屋というと、なかなか一見さんには敷居が高いムードがありますが、京都には学生や外国人観光客が多く、彼らのおかげで入りやすい店が多いのだとか。
確かに京都には、入ってみると意外に気さくなムード、という店が多いように思います。

また、別冊として、「尊敬できる日用品」号も出ています。
こちらは品物の紹介がメイン。
僕も持っているものが掲載されていると、「よしよし!」という気持ちになります(笑)

 
→ Amazonのページヘ


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

リンネル8月号にもリサ・ラーソンの付録

昭和レトロ、栄木正敏デザインのカップ&ソーサー

ちいさなカメオ作りました

つくる人の祭典「クリエーターズマーケット」、今週末開催