所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



日本民藝館「深澤直人が選ぶ、愛される民藝のかたち」

Category : 見る民芸  Keyword : 深澤直人 2015年06月13日

わたくし、民藝ブログをやっていながら、実は日本民藝館には行ったことがなかったのです。
今回、念願の初訪問を果たしました。

いやあ、ええとこでしたわー。
感動のあまり、いきなりの関西弁で失礼します(笑)

残念ながら、民藝館内部は撮影不可でしたので、外観を。

RIMG0891

内部はかなり広く、各部屋ごとにテーマを決めて陳列してありました。
深澤セレクトの展示は、一番大きな部屋。
でも、そこだけが取り立ててすごいというわけではなく、民藝館、全体的に良かったです。

01_04

こちらは公式サイトの写真です。
見ての通り、専用の陳列棚にゆとりを持って並べられた収蔵品たちは、どれも可愛らしい。
美術館などで陶磁器を展示する場合、地震などによる破損防止のため、ピアノ線のようなもので固定したりしますが、ここではそれも無し。
なので、形や佇まいがそのままに見られます。

案内書きや作品の説明なども極力少なく、あったとしても手書き文字を使うなど、これぞ民藝という展示。
さすが総本山だと感じました。

RIMG0885

建物脇にいるお地蔵さんもいい感じでした。
公式サイト:http://www.mingeikan.or.jp/


スポンサーリンク




Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

21_21 DESIGN SIGHTで、深澤直人ディレクションの民藝展

名作家具を中心に、「北欧デザインのある暮らし」展

花模様、沖縄読谷焼のうつわ

ミナ・ペルホネンの新ショップとカフェ、7/15 オープン