所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



色と形、小ささがベストバランスな一輪挿し

Category : 買う民芸 2015年07月27日

これも、先週の天神さんにて同居人が購入。
小さな一輪挿しです。

RIMG0975

色合い/形/小ささのバランスがとても良いと思います。
高いものかと思いきや、どれでも1個300円、のコーナーに入っていたとのこと。
いわゆる「雑器」の類ですが、こういうものの中からお気に入りを見つけるのが、「民藝」の醍醐味ですね。
まあ、俺が選んだんじゃないけど。

RIMG0974

裏面。
なんて書いてあるのでしょう。
「Whynot」と読めますね。
「why not?」って・・・英会話?

ちょっと調べてみたら、「Whynot」というのは、アメリカの地名でした。
N.C.と書いてあるのは、ノースカロライナ州のことですね。
ノースカロライナは焼き物がさかんな土地なのだとか。知らんかった!

知らない土地で作られたものが、巡り巡って何故か今、うちのテーブルに。
こういうのが「民藝」の醍醐味ですね。
まあ、俺が選んだんじゃないけど。


スポンサーリンク




Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

陶芸家 ルーシー・リー展、全国を巡回

イッタラの現行品と、ヴィンテージ/民藝品を組み合わせて展示販売

小鹿田焼の茶碗

日本民藝館で染色家・柚木沙弥郎展