所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



国内初、「マリメッコ展」

Category : イベント情報  Keyword : マリメッコ 2015年12月20日

FASHION HEADLINE さんで見つけた記事です。

マリメッコの国内初大規模展。ファブリックやドレスなど約110点のアーカイブを公開

16年1月23日から3月27日まで、「マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル 布からはじまる北欧のくらし」が高知県立美術館にてマリメッコ(marimekko)の歴史を辿る展覧会を開催する。

1951年にヘルシンキで創業されたマリメッコ。今回行われる展覧会では、ヘルシンキにあるデザイン・ミュージアムの所蔵作品の中から、約50点のファブリック、約60点のヴィンテージドレス、デザイナーの自筆スケッチ、各時代の資料などを出展。貴重なアーカイブ作品を通じて、その歴史を辿れる展覧会となっている。

会場:高知県立美術館
住所:高知県高知市高須353-2
会期:16年1月23日~3月27日
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:一般900円、大学生800円

意外なことに、マリメッコの大規模な展覧会は、これが国内初だそうです。
図案の下絵なども展示されるようで、見てみたいですね。

いまのところ、予定が出ているのは高知だけですが、ぜひ巡回してほしいものです。


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

ちっこくて丸っこい、オマのシュガースプーン

アメ色が美しい小鹿田焼のお皿

出西窯、モダンなうつわ

大阪梅田の無印良品で「世界の民芸と暮らしの知恵展」