所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



美しい形と肌合い、小代焼のピッチャー

Category : 買う民芸  Keyword : 小代焼 2016年01月16日

熊本・小代焼(しょうだいやき)瑞穂窯、福田るいさんのピッチャーです。
上の写真だと大きく見えますが、ちっちゃいです。

RIMG0002

ミルクピッチャーとしてはちょっと大きいので、ドレッシングやソースを入れるといいのかもしれません。あるいは、ちょっとした花を入れたりとか。まだ使ったこと無いけど。

このピッチャーあるいは水差し的なものは、洋風を取り入れた民藝では定番です。バーナード・リーチでもよく見かけますね。形はすごく好きなのですが、「使うかどうか」で考えると、購入をためらってしまうことが多いです。でかいのも多いしね。

これは小ぶりで、オブジェとして置いておくのにもちょうどいいサイズ。

RIMG0003

モランディ風に並べてみました。
このようなひとり遊びに、最適なサイズです。

スポンサーリンク




この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

ミナ・ペルホネンとリチャード・ジノリのコラボ、伊勢丹新宿で限定発売

深澤直人監修、「工芸とデザイン」の展覧会

アラビアのムーミンマグ(ミイ)

はめた姿がかわいい、Teemaマグ用、木のフタ