所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



とぼけた感じが可愛らしい、長崎・古賀人形のサル

Category : 買う民芸 2016年02月16日

長崎の古賀人形です。

先週、長崎旅行に行ってたのですが、そのおみやげとして購入したものです。
この「古賀人形」、京都の「伏見人形」や仙台の「堤人形」に並ぶ、日本三大土人形のひとつなのだそうです。
そう言われると、いずれ他の2つも手に入れなければなりませんね(笑)

RIMG0207

大きさはこれぐらい。
丸い背中が可愛い。

このサルは長崎市内の「想い出」というお店で購入。
同封されていた冊子によりますと、古賀人形は1592年から長崎市古賀の小川家で作り続けられていて、現在19代目なのだそうです。

RIMG0205

アップ。
今は色鮮やかですが、だんだんと色が落ちて、土人形らしい味が出てくるそうで、それも楽しみです。

スポンサーリンク




Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

アフリカのかわいい雑貨マーケット

アンティークマルシェ、ミッドタウンで開催

マリメッコの茶室にサウナ!「マリメッコの暮らしぶり」展

北欧デザインの巨匠、アルネ・ヤコブセンの専門店が日本にオープン