所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



21_21 DESIGN SIGHT 「雑貨展」 に行ってきました

Category : 見る民芸  Keyword : 深澤直人 2016年04月10日

数日前、21_21 DESIGN SIGHT で開催されている、深澤直人ディレクションの「雑貨展」に行ってきました。桜を見に行ったつもりはなかったのですが、季節がら、六本木ミッドタウンは桜満開です。

深澤直人ディレクション「雑貨展」

会期:2016年2月26日(金)- 6月5日(日)
休館日:火曜日
開館時間:10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

RIMG0350

会場の様子はこんな感じ。
撮影OKなので、みなさんパシャパシャ撮ってました。

RIMG0351

まずは展覧会企画チームセレクトの、アノニマスな雑貨類からスタート。
自分の家にあるものを見つけると、なんか嬉しくなります。

RIMG0352

鍋敷きとちりとりと鬼おろし!俺も持ってるぜ!

「雑貨」とひとくちにいっても、その解釈はさまざまです。
十数組の参加作家が、それぞれの解釈での雑貨を並べています。

RIMG0354

D&DEPARTMENTの展示。テーマはコンビニ。

RIMG0378

世界各国の雑貨を展示してる人も。民族博物館みたい。

RIMG0360
RIMG0361

これが一番面白かった。青田真也さんの展示で、大量生産品の表面をヤスリでそぎ落としてあります。見慣れているはずのプラスチック容器が、なんかアートオブジェのような佇まいになっています。

RIMG0363

ワイズベッカーの絵!かっこいい!

RIMG0375
RIMG0372

清水久和さんの展示。どうでもいいものを収集する、その名も「愛のバッドデザイン」だそうです。

・・・とまあこのように、ついつい写真を撮り過ぎてしまう展覧会でした。
こういう展覧会って、注意深く見ないと一瞬で見終わってしまうので、やっぱり写真を撮りながらひとつひとつ丁寧に見ていくのが良いのでは、と思います。
まあそうすると、今度は時間が何時間あっても足りなくなるのですが(笑)

見て回った中で、一番欲しくなったのはこれ!

RIMG0358

料理家、たかはしよしこさんの古い醤油差しでした。
もし行かれましたら、探してみてください。


スポンサーリンク




Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

九谷焼の箸置き

イデーで、芹沢銈介の弟子/柚木沙弥郎の新作リトグラフ展

コンランショップのセールで購入、大きなスノードーム

可愛い・・・のか?ツルンとした金魚の置物