所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



オノ・ヨーコ、美しいガラス作品の展示

Category : イベント情報 2016年05月07日

近年、ニューヨーク近代美術館や東京都現代美術館で個展を開いているビッグネーム、オノ・ヨーコの作品が、ギャラリーで見られる機会は貴重だと思います。

オノ・ヨーコ展「硝子の角」

本展「硝子の角」は、小山登美夫ギャラリーでは5年ぶり2回目の個展となります。鍵、ハンマー、シャベルをモチーフとした、2014-16年制作のガラスのエディション作品と、2003年パリ市立近代美術館で行われた個展「Yoko Ono Women’s Room」にあわせ出版された書籍「Spare Room」のテキストを、障子を用いたインスタレーションで構成致します。

場所:小山登美夫ギャラリー
会期:2016年5月14日〜6月25日
営業時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝日
入場無料

ガラス作品とテキストのインスタレーションということで、静かで美しい空間になりそうですね。

スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

新宿伊勢丹でミナペルホネンによるリビング展

brutus最新号は「骨董」「日用品」特集

「暮しの手帖」初代編集長、花森安治の展覧会

代々木VILLAGEで「パリの蚤の市」開催