所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



アーツ・アンド・クラフツとも関係の深い、ビアズリーの展覧会

Category : イベント情報  Keyword : ウィリアム・モリス 2016年05月25日

新潟県立万代島美術館で、夭折の天才画家、オーブリー・ビアズリーの展覧会が開催されています。

ビアズリーと日本

会期: 2016年04月29日(金) ~ 6月26日(日)
時間: 10:00~18:00 ※観覧券の販売は17:30まで
休館日:5月9日(月)、5月23日(月)、 6月6日(月)、 6月20日(月)
観覧料:一般 1,000円、大・高校生 800円、中学生以下無料
会場: 新潟県立万代島美術館

滋賀県立美術館で開かれていた展覧会の巡回展です。
新潟のあと、石川に巡回します。

ビアズリーはイギリスの民芸運動「アーツ&クラフツ」にも関係が深く、アーツ&クラフツの創始者ウィリアム・モリスと喧嘩をしたことでも有名な画家です。

滋賀での展覧会を見たのですが、ビアズリーに影響を受けた日本の画家も多く紹介され、見応えのある展示でした。
レポートはこちらからどうぞ。


スポンサーリンク




Amazonプライム・ビデオ無料お試し登録
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

ミナ・ペルホネン展覧会「ミナカケル」 レポートその1

小鹿田焼、打ち刷毛目の平皿

コペンハーゲン「イヤマ」のキッチンアイテムがオンライン販売開始

ひよこクラブ7月号、リサ・ラーソンの保冷バッグが付録