所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



いまの民藝が実際に買える「民藝の教科書 真夏の番外編」

Category : 読む民芸, イベント情報 2016年07月17日

手仕事フォーラムさんで見つけた記事です。
グラフィック社から刊行されている「民藝の教科書」シリーズの展覧会です。

続・民藝の教科書展 真夏の番外編

昨年好評のうちに幕を閉じた「民藝の教科書展」を、今年も奥渋谷で開催。 ガラスのコップや小鉢、花挿し、磁器のお皿やお茶碗、蕎麦猪口など、夏を心地よく過ごせるような涼を感じる美しい手仕事の品々を展示販売いたします。

会期:2016年7月20日(水)~8月9日(月)
時間:月~土12:00~24:00 ※日曜 12:00~22:00 イベント・ワークショップ等により変更あり
場所:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(渋谷区神山町17-3 テラス神山1F)
ホームページ:http://www.shibuyabooks.net

「民藝の教科書」シリーズは、歴史的背景や思想よりも”いまの民藝”を紹介することにこだわった書籍です。
第1巻は「うつわ」、そのあと「染めと織り」「木と漆」「かごとざる」「手仕事いろいろ」「暮らしの道具カタログ」の、全6巻。

今回は「真夏の番外編」ということで、夏に合う、涼しげなものがたくさん並ぶようです。

スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

日用品のB品を通してデザインを考える展覧会

良かった買い物 21、HARIOのガラスポット「茶茶急須 丸」

売れている北欧雑貨100

手紙社主催の「布博」、東京と京都で開催