所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



民藝運動の創始者・柳宗悦の蒐集の軌跡を辿る展覧会

Category : イベント情報 2016年08月24日

民藝運動の創始者・柳宗悦の蒐集の軌跡をたどる展覧会が開催されます。

柳宗悦・蒐集の軌跡 -日本の工芸を中心に-

50年以上にわたって、さまざまな造形物を蒐集した柳宗悦。柳のコレクションは、「民藝」という新しい概念に基く江戸時代の工芸品が主体ですが、その他にも縄文から昭和前期まで、幅広い分野の造形に及んでいます。創設80周年を記念する特別展第3弾である本展は、「信と美」を追求し続けた蒐集家としての柳に注目し、蒐集の軌跡を辿ります。

会場:日本民藝館
住所:東京都目黒区駒場4-3-33
会期:9月1日~11月23日
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:一般1,100円、高大生600円、小中生200円
休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、翌日振替休館)

日本民藝館で柳宗悦のコレクションを展示するのは当たり前なのですが、本展の見どころは、作品が蒐集された順を追って展示が構成されるというところ。これは初めての試みなのだそうです。

公式ページではこの展覧会のパンフレットがPDFで見られるのですが(→ リンク)、これがなかなか充実しています。期間中に行けない人(私)は、これを印刷して勉強しましょう!


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

無印良品で、民藝運動の貴重なアーカイブ上映

イデー各店でWinterセール、オンラインでは定番品10%OFF

イッタラとアラビア、フィンランド独立100周年記念モデルを発売

名古屋タカシマヤで北欧フェア、リサ・ラーソンショップも