所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



シンプルで美しい、シェーカーボックス

Category : 買う民芸  Keyword : IDEE世界の民芸 2015年01月17日

シェーカーボックスです。
IDEEで、12,000円ぐらいでした。

シェーカーというのは、アメリカで18、19世紀に活動していた、宗教団体のことです。
キリスト教の分派なのですが、自給自足の集団生活をしながら、教徒以外の人にも酪農品や木製品などを販売していました。

彼らの信条として、
「美は有用性に宿る」
「規則正しいことは美しい」

というものがあり、彼らの作る家具や生活道具にもそれが表れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな彼らの信条を完全に無視した、散らかった部屋の写真で申し訳ない(笑)

シェーカー、今は宗教としての信者はほとんど残っていないそうですが、このボックスや椅子などの家具類は、世界中で愛されています。
シンプルゆえ、形だけを真似た値段の安いものも出回っていますが、手にとった時のしっくり感が全然違いますので、ある程度の値段のものを選んだほうがいいと思います。

これも、購入した時は「高いなー」と思っていたのですが、何年も使い続けるにつけ、良い買い物だったと思っています。

スポンサーリンク




この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

民芸といえばこれ(笑)、鳩車

秋の「東京蚤の市」、今年は3日間開催

眺めているだけで楽しい、芹沢銈介作品集

日本で唯一のヤコブセン専門店が閉店、セール開催中