所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



没後50年 河井寛次郎展

Category : イベント情報 2016年09月18日

美術館「えき」KYOTOで、河井寛次郎の展覧会が開催されています。

没後50年 河井寬次郎展
~過去が咲いてゐる今 未来の蕾で一杯な今~

本展では、京都の旧宅であった河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に、陶芸や木彫や書、調度品など約150点を紹介し、寬次郎の仕事の全貌とその深い精神世界を辿ります。

会場:美術館「えき」KYOTO
住所:京都府京都市下京区東塩小路街657
会期:9月15日~10月23日
時間:10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:一般900円、高大生700円、小中学生500円

河井寬次郎記念館所蔵作品が中心、ということですが、風情ある旧宅の記念館と近代的な美術館では、見え方も変わりそうです。

京都駅の伊勢丹直結の美術館で、わりと遅くまで開いているのもポイント。
平日の会社帰りなどでも行けそうです。


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

「京都ふるどうぐ市」、今年も元・立誠小学校で開催

民藝展で買ったもの 1、寄木の箸置き

花模様、沖縄読谷焼のうつわ

ロベール・クートラス展「僕は小さな黄金の手をさがす」を見に行ってきました