所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



珍品!ぶんぶくちゃがまの醤油さし

Category : 買う民芸 2017年01月05日

2017年、一発目の更新ということで、なんかめでたい感じのものを。
ぶんぶくちゃがまの形をした、醤油さしです。

「ぶんぶくちゃがま」って、「分福茶釜」って書くんですね。ストーリーも、いま調べてみるまで全然知らんかった。
→ 分福茶釜 wiki

ちゃんと足もついてて、尻尾が持ち手になっています。
昨年、北野天満宮の「終い天神」で購入しました。
500円。

rimg0926

産地がどことか、そういった記載はありません。
お店の方によると、チェーンの蕎麦屋かなんかで発注されたもののデッドストックではないか、とのこと。

rimg0928

アップ。
可愛いような怖いような。

買ったはいいけど、使う予定はなし(笑)。いまのところ、縁起物(?)としてサイドボードに置いてあります。


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

白ご飯が映える、出西窯の飯碗

無印良品 「再発見 再創造 Found MUJI」展

日本民藝館「深澤直人が選ぶ、愛される民藝のかたち」

イッタラの現行品と、ヴィンテージ/民藝品を組み合わせて展示販売