所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



白洲次郎/正子の武相荘で、春の骨董市

Category : イベント情報 2017年04月09日

tabroomさんで見つけた記事です。

旧白洲邸の骨董市「武相荘の骨董市 春」で贅沢な時間を

2017年4月16日(日)、東京・町田の「武相荘」にて「武相荘の骨董市 春」が開催されます。
武相荘は、「日本一カッコいい男」とも称される白洲次郎とその妻で随筆家の白洲正子が晩年を過ごした家。昔ながらの茅葺き屋根の邸宅で、現在はかつての日本の風景を伝えるミュージアムとして一般に開放されています。
武相荘の骨董市は春と秋の年に2回定期開催されており今回で6回目。和骨董、西洋骨董、仏教美術など、武相荘ならではのラインナップで様々なジャンルの出店が予定されています。

武相荘の骨董市 春
会期:2017年4月16日(日)10:00~16:00
場所:武相荘/東京都町田市能ヶ谷7-3-2
   http://buaiso.com/
参加:無料

骨董もさることながら、この武相荘、いい感じですねー。
敷地内を散策するだけでも楽しそうです。


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

ロベール・クートラス展「僕は小さな黄金の手をさがす」を見に行ってきました

無印良品 「再発見 再創造 Found MUJI」展

春の北欧マーケット、開催

無印良品、商品約300点の価格を値下げ