所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



使いやすい、柳宗理のオタマ

Category : 買う民芸  Keyword : 柳宗理 2015年01月23日

柳宗理のオタマです。

柳宗理は、民藝運動の創始者、柳宗悦の子どもなわけですが、それを知らずとも、キッチンブランドとしての「柳宗理」は、ほとんどの人が知っていると思います。
使いやすく美しいデザインものとして、まっさきに名前があがる存在です。

僕もいくつか持っているのですが、あえて渋いところから、今回はオタマを紹介します。
何の変哲もないように見えますが、すごくよく考えてある形なんですよ。

RIMG0450

上の写真のように、どちらを下においても、安定するように作られています。
コロコロと転がっていったりしません。

RIMG0451

柄の部分が、微妙に曲がっているのが分かるでしょうか。
その微妙なカーブにより、キッチンの壁のフックに吊るしておいても安定します。
使用時には、鍋の中身をすくいやすく、かき混ぜやすい形です。

あと、なんか妙に「男子ごころをくすぐる」デザインでもあるんですよ(笑)
プロ仕様っぽい感じがね。

スポンサーリンク




この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

「北欧雑貨と日本の民芸」Pinterest 出張所、開設しました

民藝運動の創始者・柳宗悦の蒐集の軌跡を辿る展覧会

出西窯の、ぽってりと肉厚な白い小皿

コンランショップのセールで購入、大きなスノードーム