所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



民藝の本もたくさん出品される、春の古書大即売会

Category : 読む民芸, イベント情報  Keyword : 芹沢銈介 2017年04月26日

京都のGW恒例、春の古書大即売会が今年も開催されます。

第35回 春の古書大即売会

開催日 :2017年5月1日から5月5日
場 所 :京都市勧業館「みやこめっせ」1F第二展示場
606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
時 間 :10時~16時45分(最終日5日は16時にて閉場)

京都古書研究会」が主催する大規模な古本市は年に3回あるのですが、屋内で開催されるのは、この春の即売会だけ。
天候を気にせず、じっくり本を探せます。

民藝関係の本も多く出品され、僕もここで何冊か買った覚えがあります。

RIMG1009

この芹沢銈介の画集とか(→ 紹介記事)。

会場が結構広いので、じっくり見て回ると丸一日かかります。
会場の様子はこんな感じ。

あれ、おっさんばっかり(笑)
実際はもっと、若い人とか女性も多いですよ。


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

アラビアのムーミンプレート(スティンキー)

ミナ・ペルホネン × イデー × 無印良品のコラボ 「POOL」 の新シリーズ登場

オノ・ヨーコ、美しいガラス作品の展示

リサ・ラーソン、過去最大規模のアウトレットセール