所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



皆川明が公式グッズをデザインしたアートフェス

Category : ニュース, イベント情報  Keyword : ミナ・ペルホネン 2017年06月02日

Fashion snapさんで見つけた記事です。
アートフェスブームも一段落したように思っていましたが、また新しい芸術祭が立ち上がるようです。

「北アルプス国際芸術祭」が初開催、ミナ ペルホネンの皆川明が公式グッズをデザイン

長野県の信濃大町エリアを舞台にした新しい芸術祭「北アルプス国際芸術祭 2017 〜信濃大町 食とアートの廻廊〜」が、6月4日からスタートする。7月30日までの57日間にわたり、新津保建秀+池上高志や目(め)、フェリーチェ・ヴァリーニなど36組のアーティストが作品を公開。公式グッズのデザインは「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」の皆川明が手掛けた。

北アルプス国際芸術祭 2017 〜信濃大町 食とアートの廻廊〜
会期:2017年6月4日(日)〜7月30日(日) 57日間
開催エリア:長野県大町市内(市街地エリア、ダムエリア、源流エリア、仁科三湖エリア、東山エリア)
作品鑑賞パスポート:一般前売 2,000 円(当日 2,500円)、高校生前売 小中学生前売 300円(当日500円)

→ 公式サイト

テーマが「食とアート」というところが、他のアートフェスとちょっと違うところ。
アートイベントとしては後発ですから、ただアーティストをズラッと並べるのではなく、こうした特色を出したのでしょうね。

そして、皆川明が手掛けたという公式グッズ。

Tシャツ。3,000円。

手ぬぐい。1,300円。

缶バッジ 【大】300円 【小】200円。

などなど。
クリアファイルやトートバッグなども用意されるようです。

どれも、らしくていい感じです。
意外と、ミナの缶バッジって今までなかったような気がしますね。

会期は6月4日から7月30日まで。
→ 公式サイト


スポンサーリンク


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

「リサ・ラーソンのクリスマス」過去最大規模の特設ショップ

2/19 NHK日曜美術館で、「暮しの手帖」花森安治の特集

涼しげな、黒いガラスの箸置き

無印良品の MUJI BOOKSから、文庫本シリーズ創刊