所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



アルテックのスツールでお馴染み、アルヴァ・アアルトの回顧展

Category : イベント情報  Keyword : artek 2019年04月20日

アルテックのスツールでお馴染み、アルヴァ・アアルトの回顧展が青森県立美術館で開催されます。

アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

本展覧会はヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館の企画により、各国を巡回する回顧展であり、日本では約20年ぶりの大規模な展覧会となります。オリジナルの図面、家具、ガラス器、建築模型等、約300点を紹介する本展を通じ、フィンランドの豊かな北の自然に根ざしたヒューマニズムの建築家・アルヴァ・アアルトの魅力を感じてください。

会期:2019年4月27日(土)~ 6月23日(日)
休館:5月13日(月)、5月27日(月)、6月10日(月)
時間:5月31日まで 9:30—17:00(入館は16:30まで)
   6月1日から 9:00—18:00(入館は17:30まで)
会場:青森県立美術館 企画展示室
観覧料:一般 1500円(1300円)/ 高大生 1000円(800円)/ 小中学生無料

ドイツ、スペイン、デンマーク、フィンランド、パリと、ヨーロッパ中を巡ってきた国際巡回展だそうです。
日本では20年ぶりというアアルトの回顧展、真っ白な青森県立美術館との相性も良さそうです。

青森県立美術館には開館直後に行ったことがあるのですが、常設展示のシャガール「アレコ」が圧巻でした。
めちゃめちゃでかいんですよ。

四層吹き抜けの大空間に、高さ9m、幅15mの絵が、ドーンと4点。
これだけでも行く価値アリです。

スポンサーリンク




この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

無印良品で、春の新生活をテーマにした展覧会

「杉本博司展」に行ってきました その2

マリメッコの茶室にサウナ!「マリメッコの暮らしぶり」展

「北欧雑貨と日本の民芸」Pinterest 出張所、開設しました