所有する北欧グッズや食器、インテリアなどを独自の視点でレビューします



ウィーンの世紀末文化を網羅した展覧会

東京都美術館で開かれている「クリムト展」と時を同じくして、新美術館でもクリムト関連の展覧会が開催されます。

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

会期: 2019年4月24日(水)~8月5日(月)
    毎週火曜日休館 ※ ただし4/30(火)は開館
時間: 10:00~18:00
    ※ 毎週金・土曜日は、4・5・6月は20:00まで、7・8月は21:00まで
    ※ 4月28日(日)~5月2日(木)、5月5日(日)は20:00まで
    ※ 5月25日(土)は22:00まで開館
会場: 国立新美術館 企画展示室1E
料金:
 当日 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
 前売 1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
 中学生以下無料

巡回 大阪展
2019年8月27日(火)~ 12月8日(日) 国立国際美術館

クリムトやシーレの絵画だけでなく、建築、工芸、デザイン、ファッションなど、ウィーンの世紀末文化を網羅した展示になるようです。なんかすごくきらびやかな展示になりそうですね。


スポンサーリンク




この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

セールやチャリティフリマなど 「OZONEインテリアフェスタ」

書籍で紹介されている品が実際に買える「民藝の教科書」展

南フランスの蚤の市、2回めの開催

ムーミンのエッグチョコを開けてみる